FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉職員の給料を「福祉職俸給表」に・・・?

おっ!」と思って、喜んだけど、楽観して期待することはできないみたい

先週末、会議がありました。
そこで出た資料・・・


6.25にあった「障がい者制度改革推進会議 第15回総合福祉部会」(総合福祉部会=新しい障害者福祉法の制定に向けた検討を行っています)での資料です。
その中の「報酬や人材確保等」部会作業チームの報告書の中に…

(分りやすくするために、言葉を少し変えて書いています。正しくは、コチラの資料(第15回総合福祉部会 資料5-1)をご覧ください)
新しい障害者総合福祉制度では・・・
1.人材確保のため、従事者が未来を感じられる待遇が必要 →国家公務員の「福祉職俸給表」を新法で規定

3.「月払い日払い」を発展解消 →利用者の選択性と事業の安定を目指す(日払い:利用者への個別支援に関する費用 、月払い:人件費・固定経費・一般管理費  に。)

という報告が出されています。


つまり…
私たち福祉保育労が、今まで求めてきた
○専門職にふさわしい賃金を=「福祉俸給表」の賃金を!
○事業所への報酬の日払い月払いに戻して!
  ・利用者が休んだからって、職員が帰るわけにはいかない
  ・日払いでは事業所の経営が安定しない
    →正規職員が雇えない、非正規職員が増える、給料や労働条件が悪くなる


とも、重なるので、「すごい!」と期待をしているわけですが、


同じ会議の中で出された、この報告書に対する厚生労働省のコメント(考え)は・・・

1→「福祉職俸給表」の法定化については…他の分野との整合性や民間事業者の職員給与水準を国が規制することの妥当性等を考えると、難しいのではないか・・・

3→日払いとしたことのメリット(利用者の選択に資するサービスの組み合わせ等)も踏まえた検討が必要


などと、かなり消極的(というか否定的)なコメントを出しています。



この間の障害者基本法改正案の動き(総合福祉部会が改正案に対しての意見(考え)を出したが、関係省庁の反発で、障害者の権利が薄められるなど、最終的に課題の多い改正案が通った。)を見ると、ここでどんなにいい内容が提起されても…
法律ができるときには、違うものになっていたり、文言が削除されていたり、位置づけが薄められてしまう可能性が大です。

これまでの動きを見ていると、このままだと厚労省の意見が通ってしまう!!
まだ、資料などを詳しく読みこなしていませんが。
「なんとか、この作業部会の報告にある内容を実現できないものか。」資料を見てそう思いました。

う~~~ん。

                           (とくい)
(参考資料)
障がい者制度改革推進会議 総合福祉部会→コチラ
総合福祉部会 第15回 資料5-1「報酬や人材確保等」部会作業チーム報告書の概要→コチラ …ちなみに、常勤換算方式についても触れられています
 同 資料17 第2期作業チーム報告書に対する厚生労働省からのコメント(5の部分) →コチラ

Yahooニュースにも取り上げられていました。(こちらの方がわかりやすいかも!?)→コチラ→「追記に文章貼り付けておきます」
意見取りまとめ後、「法案策定にも関与を」-障がい者総合福祉部会が厚労省に反発(ヤフーニュースより)
医療介護CBニュース 6月23日(木)22時52分配信


内閣府の「障がい者制度改革推進会議」の総合福祉部会は第15回会合を開いた(6月23日、厚生労働省)

 内閣府の「障がい者制度改革推進会議」の下に設置され、障害者自立支援法に代わる新法を検討している総合福祉部会は6月23日、第15回会合を開いた。部会委員で構成する第2期作業チームから各論の検討結果が報告され、厚生労働省からは報告に対する「コメント」が提示された。多くの項目で「慎重な検討が必要」などとするコメントに反発した部会委員からは、部会と厚労省の意見に乖離があるとして、部会が意見を取りまとめた後、厚労省の法案策定の作業に関与すべきだとする意見が相次いだ。

 この日は、第2期作業チームが「報酬や人材確保等」や「医療(その他の医療一般)」などについて報告。報酬や人材確保の作業チームは、障害福祉分野の従事者の年間給与が300万円に満たないなどとして、国家公務員の「福祉職俸給表」(2007年に年収約615万円)と同一の水準にすることを新法に明記すべきなどとした。医療の作業チームは、介護職が行える医行為の拡大を検討することなどを提案。このほか、今後の検討課題として、精神医療を一般医療の体系に編入するよう医療法制の改正が必要などとした。

 続いて、厚労省が第2期作業チームの報告へのコメントを示した。「福祉職俸給表の法定化」については、民間職員の給与水準を国が規制することの妥当性などを考慮すると「難しいのではないか」としたほか、介護職による医行為の拡大に関しては「関係者を含めた慎重な議論が必要」などとした。このほか多くの項目で、慎重な議論を行う必要性や厚労省の検討チームで議論を行っていることを強調した。

 これに対し委員からは、「(部会の意見と)コメントは大きく乖離している。新法が障害者自立支援法を少し変えたものにとどまらないか懸念している」(斎藤縣三・共同連事務局長)、「少なくとも(法案策定の)節目節目で厚労省に意見を言う必要があるのではないか」(森祐司・日本身体障害者団体連合会常務理事・事務局長)などの意見が相次いだ。

 同部会は、第1期と第2期の作業チームからの報告を基に、「障害者総合福祉法骨格提言」を8月末に取りまとめ、上部組織の推進会議に報告する方針。その後、骨格提言を踏まえて厚労省が法案を策定する予定だ。

■障害児・者実態調査の方法を再検討

 会合ではこのほか、今年度中の本格実施を予定している「生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者実態調査)」について、その試行調査の結果が改めて報告された。報告した平野方紹委員(日本社会事業大准教授)は、回収数に占める有効回収率は一般的な80-90%に比べて94.6%と高かったことや、自由記載欄への回答が多かったことなどから、調査票については「信頼性が高い」と述べた。しかし、調査票の配布数に占める有効回収率が1.98%と低かった点に関しては、「調査方法を検討しないといけない」とした。
 また委員からは、調査に自治体や民生委員がかかわることに対し、障害があることを知られたくない人への配慮が必要などと批判する声があった。これを受け、同調査について整理した案が次回会合で提示されることが決まった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とくい

Author:とくい
とくいです。
修行中の奮闘をごらんください。
好きな言葉は、「一人ひとりは微力だけど、無力じゃない」

最新記事
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。