FC2ブログ

「子ども・子育て新システム」が閣議決定

今日3月30日に「子ども・子育て新システム」関連法案が、消費税増税法案などとともに閣議決定されました。
消費税増税法案の影に隠れて、ほとんど国民に知られない中で・・・(あまり報道されていないので関係者もほとんど気づかないのではないでしょうか?)

この法律が通ると、保育が「保育」(子どもを育てる、成長を見通した保育)ではなくなり、単なる「子どもの預かり」になってしまうのでは!? そういう危機を感じています。

福祉を「権利」ではなく「利用するもの」に変えてしまう一貫です。

危ない!

まだ、「閣議決定」しただけです。これから、国会で議論され、採決され、法律として成立するか、阻止するか・・・いま、その分かれ目です。
「障害者自立支援法」を見ても、一度法律ができてしまうと、その方向を変えさせることはとても難しいものです。

以下に、福祉保育労で出された談話をつけておきます。
国会議員さんが正しい判断をするように(法案の廃止)、訴えて行きましょう。
                                     (とくい)



2012年3月30日

「子ども」と「保育」を守れ!
子ども・子育て新システム法案閣議決定にあたって(談話)


全国福祉保育労働組合
書記長 仲野智

本日(3/30)、午前に開かれた閣議によって、消費税増税法案などとならび、「子ども・子育て新システム関連法案」が閣議決定された。消費税増税の口実として、「子どもの育つ権利」が利用されただけでなく、憲法25条で保障されている国民の権利とそれを守る国の責任を投げ出し、「命を金儲けの道具」にしたい大企業の声だけに応えた「子ども・子育て新システム関連法案」の閣議決定に強く抗議する。

あらためて言うまでもなく、子ども・子育て新システムは、当初の目的であった幼保一体化は行われず、待機児童の解消や財源の確保も約束されないばかりか、市町村の保育実施義務まで削除されるなど、理念も目的もなく、ただ保育を市場化し子どもの命を金儲けの道具にするものになっている。また、介護保険制度では認められていない株主配当をも認めたように、「福祉の商品化」をさらにすすめようとする狙いも併せ持っている。
 この間、「とんでもない!」の大きな声をあげ運動を展開してきた結果、半数を超える道府県議会をはじめ多くの地方議会で「子ども・子育て新システム反対」の意見書が採択されている。また、自民党も2/24に発表した「我が党の政策ビジョンと平成24年度予算」において、「政府・与党が進めようとしている『子ども・子育て新システム』は、待機児童解消が期待できず、制度が一層複雑化するなどの問題に加え、保育の質低下や保護者負担増を引き起こしかねない保育の産業化に向かうもの」と批判している。情勢はせめぎ合いであり「とんでもない!」の声を広く大きく届けていけば展望は見えてくる。

「社会保障と税一体改革」における国の狙いは、消費税の増税と福祉目的税化にある。福祉目的税化することで、大企業の負担を軽減し、国民が社会保障の拡充を求めれば消費税増税(国民負担)で対応しようとするものであり、そうなれば、年金・医療・子育てなど、社会保障内での財源の奪い合いもうまれかねない。子ども・子育て新システムは「社会保障と税一体改革」の目玉として位置づけられており、消費税増税とセットになっている。「消費税増税で社会保障が充実する」という、政府のまやかしの宣伝に対し、「消費税増税と社会保障削減をセットに行うのが一体改革の中身」であることを大きく宣伝し、何としても、「子ども・子育て新システム法案」「消費税増税法案」の成立を阻止しなければならない。

政府が、障害者自立支援法訴訟団との「基本合意」(和解)を投げ捨て、障害当事者の合意による「骨格提言」を無視し、法律の名称を「障害者総合支援法」に変更することで、障害者自立支援法を「廃止したこと」にしようとしているのは、新システムを導入するためにも、障害者福祉を権利保障の制度に戻すわけにはいかないからである。「子ども・子育て新システム」反対の運動を権利としての福祉を守るたたかいとして、「骨格提言」にもとづいた「障がい者総合福祉法」の創設を壊された福祉制度を権利としての福祉に再構築していくたたかいとして、介護労働者の処遇改善を求める運動とあわせ3つの課題を一体にとらえて、「『とんでもない!福祉の商品化』大運動」を全国で大きく展開することが求められている。
私たちが積み重ねてきた実効ある福祉人材確保対策を求める運動、震災であらためて明らかになった福祉労働の意味、「貧困」の解決に向けた福祉労働者の役割など、広く世論に訴え、「国民の権利としての福祉」を守る運動にすべての力を結集させ、全力でたたかうことを決意し、すべての組合員に職場・地域で「目に見え音に聞こえる」行動となるよう、創意工夫を凝らした運動を創りあげることを呼びかける。
スポンサーサイト



【動画】特集「保育所の基準緩和議論 現場からは悲鳴が」

先日は失礼しました。

メーリングリストでまわってきました。
そのまま貼り付けますので、ぜひご覧ください。
映像で見れるので、わかりやすいです。

                        (とくい)
---------------------------------------------------------------------
数日前からインターネット上で話題になっている、ニュース特集の動画です。

昨年12月に関西テレビで放送されたものですが、保育所の最低基準緩和」の問題点を鋭く伝える内容となっています。

ぜひ、ご覧ください。また、まわりの方にもお知らせください。

【You Tube 動画】特集「保育所の基準緩和議論 現場からは悲鳴が」
(関西テレビ「スーパーニュースアンカー」2010/12/2放送)
http://www.youtube.com/watch?v=2BJgkl0aiHY
※約11分半の動画です

番組ホームページ内 画像とテキストでの特集内容
http://www.ktv.co.jp/anchor/today/2010_12_02.html

地方の人にはわからない??

ずっと更新が止まっていた間に、大枠だけ下書きしたまま公開できていなかった記事がいくつか・・・
若干、機を逸してしまった間もあるのですが、伝えたいことなのでアップします。
それと、こちらの怒りの記事も読んでください→【断固、抗議します!】え…私たちの声は聞いてもらえないんですか!?


友さん。から
皆さんに紹介してくださいと言われたので、ご紹介します。
こちら(倫さん)は、保育制度の「新システム」について、親の立場から記事を書いています。
保育士さんたちが書いた紙芝居も載っています。  (>「保育制度改悪について・・・」こちらです
ぜひ、見てみてください^^

ところで、先日書いた記事の「福岡市保育協会主催の“シンポジウム”」。
その中で、新システムを進める考えの泉政務官(当時)の言葉で強調されていたのが、
みなさんは福岡で聞いているから違和感があるでしょうが、地域間の格差があるんです。」ということ。
そして、待機児解消のために、『保育園を増やせば良い』と言われますが、都市部では、(保育所を作るための)お金を出しても保育をやる人がいないんです。」と何度も強調されて言われていました。

私は、この部分、すごく気になった(また、泉政務官はこれを強調して、「だから、福岡の子どもたちだけではなくて、日本全国の子どもたちのことを考えたらこの‘新システム’で制度のあり方を変えなければいけないんだ、というものでした。)ので、先日、東京に行ったときに、東京の人(福祉保育労の中央本部の人)に聞いてみました。
私:「東京では、国や自治体がお金を出しても保育をやる人がいないって本当ですか?」
中央:「そんなことないよ~。お金が出れば、保育をする人はいるよ。国や自治体がお金を出すなら、東京でも保育所は増えるよ。」
うむむ・・・これは。

あ、あと、シンポジウムの中で、泉政務官は「今は、NPOや退職した人の中で、『賃金はいらないから、保育をしましょう』っていう人もいるんですよ」と言っていました。
だから、安くても賃金が出るだけ良いってこと?

う~~~ん・・・・・そんなんじゃ、責任をもって保育はできない!
(決して、NPOなどの人が責任感がないって言っているわけではないんです。保育の公的責任がなくなり、保育やその内容がそこそこの事業所や個人の責任になってしまう、ということです。  ・・・つまり、十分な財政的裏づけもなくなってしまう、ということで。)

ぜひ、皆さんの耳で見て、聞いて、いろいろ考えてみてください。
そして、ぜひ署名にご協力ください。

              (とくい)

保育分野が最後の砦です!

ちょっとご紹介を。

福岡市保育協会が主催した、9/3(火)開催の「子ども・子育て新システムを考える」シンポジウムの録画・録音がHP上で公開されています。
このシンポジウムは、「~新システムを考える」ということで、
《第1部》泉健太 内閣府大臣政務官(当時。9/21に内閣改造があり、役職をおりたようです)に、「新システム」についての説明(基調講演)をしてもらい、
《第2部》伊藤周平 鹿児島大学教授と、福岡市保育協会理事も加わってのシンポジウムです。

なかなか、「新システム」を推進している立場の人と、反対している立場の人が議論を交わしているものを聞ける機会はなかなかないと思います。

少し長いですが、ぜひ聞いてみてください。
最初から全部聞くと、面白い(と言ったら不謹慎?)ですよ。

泉政務官の話を聞いていると、「そうなのかなー」と思わせる部分もあり…
でも、最後に伊藤周平さんが「だって、障害者自立支援法や介護保険がどうなったかみてください・・・(続きはぜひ、聞いて!)」と、いう話を聞いて、
前職(障害者施設)で見聞きしたことを思い出しました。

と、いうことで、
興味のある方はぜひ、ご覧ください→ >コチラへ

                 (とくい)
プロフィール

とくい

Author:とくい
とくいです。
修行中の奮闘をごらんください。
好きな言葉は、「一人ひとりは微力だけど、無力じゃない」

最新記事
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR